top of page
back.jpg

FAQ

よくあるご質問はこちら

「トステア®」とはなんですか?

アミノエチルチオコハク酸ジアンモニウムを主成分とした、コンディショニング成分の一種。2023年特許取得。

ドライヤーやアイロンの熱を髪にあてることで結合し、キューティクルの引き締め効果やハリやコシを与え、カールやストーレートなどのスタイルをキープする形状記憶効果があり、さまざまな髪の悩みを改善に導きます。

 [期待できる効果・効能]

  • カールやストレートの保持力を向上する

  • 髪の捻じれ・うねりが取れやすくなり、髪の感触を良くする

  • 髪型形成力が付与される

  • 引張り強度の向上

トステア化学式

​「トステア®」にはどのような性質がありますか?

「トステア®は施術温度が高い程(80℃以上)、pHが高いほど(pH6以上)、また特にダメージ毛において顕著に効果を発揮する性質があります。※熱を加えないからといって全く効果がないわけではありません。

また、髪と結合しているので、シャンプーで洗い流した後でも効果は持続します

毎日使用することでより効果が高くなり、クセやうねりなどが落ち着いてきます。

​またpH値6〜7.8と中性であるため、安全性も高い性質となります。

​「トステア®」のメカニズム

トステア簡略図構造式

​トステア簡略構造式

髪の内部 ペプチド結合
トステア反応イメージ

イメージ図は簡略化しております。

髪の内部にはペプチド結合のつながりによりC(CO)の箇所とN(NH)の箇所が髪の内部に非常に多く存在しております。※簡略化するために、表面のみ記載しておりますが、至る所に存在します。

分子は似通った性質のものと結合する性質があるので、トステアのNの部分は髪の内部のNと、Cの部分はCとつながり、髪の内部を補修。トステアでは、3つ繋がる箇所があるため非常に強力な補修力があります。

髪の内部にダメージホールが多い状態になると、髪にコシがなくなり、カールのキープ力低下やうねりの原因になります。

髪を形成しているケラチンタンパクは、10個以上のアミノ酸でつながったポリペプチドからできており、その中にはNHとCOが多量に存在します。

「トステア®」の構造式では左手に一箇所のアミノ基(-NH2)、右手に二箇所のカルボキシル基(-COOH)が存在し

​アミノ基(-NH2)が髪の中のNHと、カルボキシル基(-COOH)が髪の中のCOと結合し、計3箇所結合(トリプル結合)することで強固な繋がりをつくり、​ダメージホールを補修します。また熱を加えることでその結合が固定され、髪にコシなどを与えます。

また、「トステア®」は中性であり、髪の等電点近くで反応するため、髪に負担がなく反応させることが可能です。

​髪質改善(酸熱)トリートメントなどとの違い